第1回全国美容医療実態調査報告書(公表用)

2018年7月25日
JSAPS調査委員会

1.調査概要

 日本美容外科学会(JSAPS)では調査委員会を立ち上げ、日本美容外科学会(JSAS)、日本美容皮膚科学会(JSAD)の協力を得て、国内美容医療実際調査を行った。本調査では、2017年1月1日から12月31日までに行われた美容医療の施術数(症例数ではない)を、治療種目別および男女別に調査した。1症例に2種類以上の施術を同時に行ったり、2017年中に複数回の治療を行った場合には、それぞれを個別にカウントした。


2.調査目的

 本調査は、美容医療実態の透明化を進めることを通して、社会からの理解と信頼を深めることを目的とした。結果的には、美容医療全体の発展、ならびに美容医療の質の向上に寄与することが期待される。ISAPSが行う国際的実態調査に、日本の実態調査分を提出することも、あわせて目的とした。


3.調査対象(資料1)

 JSAPS、JSAS、JSADの会員医療機関すべて、さらに前記3学会の非会員であるが美容外科もしくは美容皮膚科を標榜している医療機関をリストアップして、そのすべてを調査対象とした。総数は、3,656機関であった。都道府県別の調査対象医療機関数を、資料1に示す。東京都が最も多く約25%を占める。島根県が最も少ない。


4.調査依頼、回収方法

 Eメールアドレスがある医療機関にはEメールで、ない場合には郵送で、調査を依頼した。回答方法には、Web入力、Eメール送信、郵送、もしくはFAX送信を受け付けた。


5.調査項目

 国際美容外科学会(ISAPS)が毎年実施している美容医療調査項目を土台に、日本の実態をより反映できるようにJSAPS調査委員会でアジア人に特徴的な細目などを追加した調査用紙を使用した。


6.調査結果

1)調査回答の回収率
 調査対象3,656院中の、521院(14.3%)より回答を得た。

2) 回答の集計(資料2)
  調査回答521院分の各施術項目別の合計を資料2に示す。全美容施術数の合計は、1,903,898 件であった。その中で、外科的手術278,507件の内訳は、顔面・頭部が217,163件、乳房が14,523件、四肢が46,821件であった。一方、非外科的施術1,625,391件の内訳は、注入剤(乳房を除く)が710,368件、顔面若返り関連が418,790件、その他(脱毛や再生医療など)が496,233件であった。

【備考】 回答した医療機関は、全調査対象3,656院の中でも、とくに外科施術が多い医療機関、施術数の多い医療機関を数多く含んでいるため、外科施術のおよそ80%程度、非外科施術の約60%程度の実数が、今回の調査で捕捉できているのではないかと推察する。

【参考】
①美容手術(278,507件)で件数の多い項目は何か?

  • 1位 重瞼術(埋没、切開)美容手術全体の4割以上を占める
  • 2位 スレッドリフト
  • 3位 隆鼻術以外の鼻形成
  • 4位 上眼瞼形成(しわ取り、下垂など)
  • 5位 隆鼻術
  • 6位 下眼瞼形成(しわ取り、脱脂など)
  • 7位 脂肪吸引

②豊胸(11,486件)は何で行われているのか?
1位 ヒアルロン酸注入5割弱
2位 脂肪注入3割強
3位 インプラント2割強

③フェイスリフトは?
約94%はスレッドリフトで、外科的なフェイスリフトは6%に満たない。

④非外科的治療(1,625,391件)で件数の多い項目は何か?
1位 ヒアルロン酸注射(乳房は除く)3割強
2位 脱毛2割強
3位 ボトックス2割弱
4位 しみ・イボ治療(レーザー など)1割弱
5位 非手術的痩身
6位 光若返り(IPLなど)

3)ISAPSへの報告データと国際比較
 ISAPSへの報告書を、昨年分のISAPSの全世界統計と比較すると、我が国の特徴が見て取れる。世界的には外科的施術数が約40%を占めるが、日本ではわずか15.4%である。日本の美容手術数は、世界で行われている美容手術のわずかに2.3%であるが、非外科的施術は10%を超える施術が日本で行われていることになる。
 さらに美容手術の内訳でも大きな特徴がみられる。世界的には、顔の手術は4割で、乳房が3割、躯幹・四肢が3割を占める。すなわち、体形に関する美容手術が過半数を占める。しかし、日本では顔の美容手術数が9割を占め、乳房と躯幹・四肢はそれぞれ5%ずつしかない。すなわち日本人の美容の関心が、極端に顔に偏っていることが示されている。
 ただし、ISAPSの統計では、美容皮膚科医など他科臨床医の施術数がカウントされていないため、非外科的施術が実際よりも少なく示されていると思われる。

調査対象医療機関数(資料1)
回答集計(資料2)

<本件に関するお問い合わせ>
日本美容外科学会(JSAPS)調査委員会事務局
jsaps-enquete@shunkosha.com
※@マークを小文字にして送信してください
※お問い合わせは以下の事項を明記のうえ、メールにてお願いいたします。お電話ではお受けしておりません。
・お名前
・ご所属(医療機関・クリニック名、企業名など)
・ご連絡先メールアドレス
・お電話番号
・ご質問内容(できるだけ詳細にご記入ください)