お問い合わせ|一般社団法人 日本美容外科学会 JSAPS

渡部基金について



     渡部 清隆 先生           感謝状

 このたびの渡部基金創設に携わった一人として、その経緯を簡単にご説明申し上げます。その前に申し添えておきますと、渡部先生のお名前は、セブンベルクリニック院長の渡部純至先生としてご存じの方が多いと思いますが、現役を引退された後は、渡部清隆というご本名をお使いでございます。
 渡部清隆先生は海外の美容外科学会に幾度となく参加され、加えて日本美容外科学会(JSAPS)や国際美容外科学会(ISAPS)の会長をご経験される中で、国際的な美容外科学会参加の重要性を常々強調されております。海外の学会に参加することにより、向上心が刺激され、友人を得る機会に恵まれることは誰にでも覚えのあるところだと思います。そうした中、渡部先生から「JSAPSの比較的若い先生達の海外に向けた活動をサポートしたいので、2,000万円を寄付させてほしい」との相談を受けました。この話を JSAPS 理事会に議題として提出したところ、理事の皆様のお力添えで渡部基金取扱規定が出来上がりました。
 渡部基金を通して、日本の美容外科がグローバルに発展する助けとなれば、これほど嬉しいことはありません。どうか、渡部清隆先生の熱い思いを読み取っていただき、基金創設の意図をご理解いただければ幸いに存じます。

2021年6月
新横浜形成クリニック
岩波正陽




若手美容外科医師の国際学会参加支援制度
(渡部グラント)募集要項


概要

日本美容外科学会(JSAPS)(以下、「本学会」という)会員の若手医師の育成を目的に、本学会が指定する海外開催の美容外科国際学会において、発表および参加するための渡航費等を助成する制度です。本制度は渡部基金によって運営されています。

助成額

15万円/人 東アジア(日本を除く)・東南アジア地域開催の学会
20万円/人 東アジア・東南アジア地域以外の地域開催の学会

助成対象者

年齢45歳以下(学会開催日において)の本学会正会員であること。
本学会の指定する国際学会に筆頭演者として発表すること。
(1名あたり生涯計1回までの助成とします。)

<指定国際学会>
(1)International Society of Aesthetic Plastic Surgery (ISAPS)
(2)Oriental Society of Aesthetic Plastic Surgery(OSAPS)

※発表形式は口演に限る。
※現地参加・発表のみ(オンライン参加・発表を除く)。

助成定員

合計30人まで
(先着応募順で受付け、定員に達し次第締め切ります。その後の本支援制度の運用は、基金の支出状況等により理事会が決定します。)

応募書類

1.履歴書(学歴、職歴、学会入会年度などを明記) ※書式自由
2.学会プログラムの写し
3.日本発着(往復)の本人の搭乗券の写し ※学会発表の前後1か月以内の搭乗に限る。

申請先

本学会学術教育委員会宛に下記へ応募書類を添付してお送りください。
E-mail:office@jsaps.org

一般社団法人日本美容外科学会(JSAPS)
学術教育委員会